法科大学院に入らずに弁護士になる方法

弁護士は、士業と呼ばれる法律専門家の中で、報酬を得て行うことが出来る業務が圧倒的に多く、最強であるといっても過言ではありません。
弁護士になるためには、司法試験を受けて合格しなければなりません。
司法試験は誰でも受験出来るわけではなく、法科大学院を修了していること、もしくは予備試験を合格していることが必須条件になっています。
そのうち予備試験は、受験資格がなく、誰でも受験することが出来ます。
合格すれば、法科大学院へ行かなくても、5年の間に3回まで司法試験を受けることが出来るようになります。
予備試験では、短答・論文各形式の筆記試験と口述試験が実施され、それらの全てに合格する必要があります。
最終的な合格者はかなり少なく、合格率が3%前後と極めて狭き門になっています。
予備試験のチャレンジは、法科大学院と違って仕事をやりながらでも可能です。
また、予備試験は独学でチャレンジするのは難しく、資格予備校などを利用しなければなりませんが、それでも法科大学院の学費より安く済みます。
そのため、法科大学院に比べてリスクは少ないといえるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

弁護士

Copyright © 正義も悪も平等に。 All Rights Reserved.